スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イネガルについて①

フランスもののレパートリーをやるなら、絶対に必要な知識の一つ、イネガル。
これについて、文章での説明を何度も試みたのですが・・・


すみません!無理でした!(笑)

なので、文章ではなくビデオをとっちゃおう、というわけで、ビデオにて一部ご説明しますね。

問題のビデオがこちら ↓↓
フランス古楽声楽講座①【イネガル】



どうやら日本語Wikipediaによると、

「イネガル奏法(イネガルそうほう、仏: notes inégales)とは、バロック音楽および古典派音楽の時代に行われていた演奏手法である。記譜上では均等に書かれている2音の長さの一方を長く、一方を短く演奏する奏法である(inégalesとは「不均等な」という形容詞)。単純な装飾法の一形式であり、簡素で角ばったリズム形に、優雅さや趣、ときには力強さを与える。この奏法は17世紀から18世紀にかけてフランスで確立し、また他のヨーロッパの国々にも浸透していった」そう。

でも、私がフランス国内で古楽を勉強しているとき、この説明通りの説明を先生からされたことは一度もありません。
「そこは当然イネガルで歌うのよ!」
なんて言われることがあっても、それは一方を長くして片方を短く歌ってと言っているのではなく、言葉に合わせて音楽の抑揚をかえて!と言われているのです。
もちろん、結果として一方が長く、一方が短く、というリズムの変更がおこるわけですが、これは装飾法というよりは、演奏表現の根源的な「癖」の一種だととらえておくと間違えがないんじゃないかなと思います。

フランス人はフランス語の表現にとても敏感です。
そして中世、ルネサンスと音楽の流れを見ていくと、器楽曲として書かれている作品に声楽の原作(ようするに元ネタとなる歌ですね)がある例はたくさんありますね。はっきりとしたイネガルは確かに初期バロック以降の作品に顕著な奏法ですが、そもそものリズム記譜の曖昧だった中世、そして自由な歌詞表現がたっぷり織り込まれたルネサンス作品でも、バロックほど大げさではなくても、イネガルに歌うことが多々あります。
少なくとも、フランス人たちとアンサンブルを組んでいると、言われなくても多少音楽を詩に合わせて融通している、ということが多々あるのです。
こうした声楽作品をもとにしている器楽曲を演奏するときは、当然に楽器演奏者たちも歌手が行う歌詞表現に合わせたイネガルな演奏法をそのまま楽器にも適用しますし、そうした歌手をまねたイネガルな演奏を日常的に行うフランス語話者たちは、元ネタが歌ではなく、純粋に器楽作品として書かれた作品でも同様の、語るような音楽表現を実践するわけです。
実際、こうした音楽表現のやり方はバロックに限らず、実は近現代のフランス歌曲にもありますし、ピアノ作品などの後世の器楽作にも、書かれていないけれど日常的にフランス語をしゃべっていると自然に理解される抑揚やフレージングが見えてくるときがあります。

「イネガル」なんて言葉にまとめると、何かとても特殊なことのように思えますが、実はフランス語を話す人たちにとっては、言葉の抑揚がそのまま音楽にも浸透しているだけであって、特別なことでもなんでもないんです。
逆に言えば、これはフランス語話者にしかわからないことの一つでもあるのかも。イネガルを含めたフランスの音楽表現を学ぶには、フランス語に囲まれ、フランス語話者が演奏する良い音楽をたくさん聞き、フランス人の先生から学んでいくのが一番の近道ですね。

語るように歌う、というのが、フランスの音楽づくりの基本。
理論で割り切れない微妙な操作こそが、フランスもののレパートリーの魅力だと思います。
イネガルを勉強しておくと、きっと、時代様式に関係なく、音楽の表現法が変わっていくはずです♪
スポンサーサイト

呼吸のエクササイズ①

呼吸は歌の基本、よいブレスはよい歌唱に繋がりますから、呼吸のエクササイズはとても大切。
そんなわけで、フランスのレッスンでよく見かける呼吸のエクササイズをご紹介してみます。

歌手が理想とするブレスはどんなものか、ということをまず確認しなければなりませんが、少なくともフランスでは、お腹がペコペコと出たり引っ込んだりする、体幹に無駄な動きの発生する呼吸はNGと言われます。
よく日本だと腹式呼吸と言われますが、腹式呼吸にも色々種類があるのです。

声の支えを保ちためには肋骨を高く保って広げ、その状態をキープしながら呼吸をしなければならず、お腹を出したり引っ込めたりすることに意識を取られすぎたり、引っ込める動きで体のポジションが変わったりするようならNGなわけです。
もちろん肩で息をしたりお腹全体を使えていない、というのは論外ですが、身体を豊かに膨らませて呼吸できたら、吐くときはその身体のボリュームをキープして、本当にインナーマッスルの力、それもできればいわゆる逆腹筋、つまり体の内側から外側に向けて突っ張るように使う腹筋で、お腹を凹ませずに息を吐きたいわけです。この呼吸はお腹の前の方の腹筋だけでなく横、そして背中まで、かなり広範囲の筋肉が総合的に働かなければならないので、全身の筋力がない人は辛いでしょう。私は痩せてはいますが貧弱なタイプではないのですが、それでもこのブレス方法を開拓するために、あわせて筋力UPのためのトレーニングもしています(詳しくは「トレーニング」のカテゴリを参照♫)。

さて、この理想の呼吸を身につけるには毎日、身体を凹ませずに呼吸するためのエクササイズをする必要があります。
真面目にエクササイズしていればデフォルトで身体が十分に広がった良いポジションをキープして歌えるようになりますし、細かなインマーマッスルが鍛えられてより長いブレスが可能になります。

私が色々なところで目撃したフランスの声楽教師たちオススメのエクササイズの一つが、床に寝て行う呼吸のエクササイズ。

【肋骨を下げない呼吸のためのエクササイズ】
① 楽な体勢で仰向けに寝ます。首が痛かったりしたら頭のしたに何か置いて高さを調整。呼吸がしやすく、まっすぐ天井を見る位置で寝てください。

② 片方の手を胸の上、肋骨が終わって骨と骨の間の柔らかい部分、つまりちょうど真下に胃の上部があるような位置に軽く乗せます。この手で自分の肋骨最下部の動きや高さが自分で確認してください。

③ もう片方の手を顔の前15-20センチ(あまり遠くにしないのがポイント)にかざします。これで自分の呼気を確認していきます。

④ ゆっくりと時間をかけて息を吸います。寝ている状態で吸うので、深く吸うと必然的にお腹、そして肋骨が持ち上がって来ます。しっかり身体を広げて隅々まで呼吸で満たすイメージで吸ってください。

⑤ 胸に置いた手でたっぷり息を吸ったときの状態をチェック、そしたらそのまま、その肋骨を下げないように同じポジションをキープするように気をつけながら、顔の前にかざした手に向かって細く息を吐いて行きます。ちょうど自分の息がストローのような太さでまっすぐ遠くまで伸びて行くようにコントロール。はじめは無理せず10秒、12秒程度の時間をかけて吐いてください。その間、空気が弱くなったり強くなったりしないように、かざした手に一定の息がかかることを確認しながら吐いてください。もちろんその間、肋骨は絶対に同じポジションをキープすること!

⑥ 10秒かけて一定にはけたら、身体に残ってる空気をフゥーっと一気に一度吐き(その間も肋骨はキープ!)、またゆっくりと息を吸います。もしできるならさらに身体を膨らませる気持ちで。もちろん膨らんだら吐くときは、今度はその状態をさらにキープ、また同じように一定の息をゆっくりと吐きます。

だいたいこれを10~20セット、毎日行います。

もちろん呼吸は10秒が軽いなぁ、という人は20秒、30秒と伸ばしていきますが、あくまでも無理せず、また一定の量吐き続ける事が大事なので自分で最後までコントロールできる長さでやりましょう。

----ポイント----
息をたくさん吸うことが目的ではないので、無理をしてあまりに極限まで吸わないこと。あくまで自然な大きな呼吸をしましょう。

一定に息が吐け、コントロールが安定している人は、顔の前にかざした手をお臍のあたりに乗せるようにして、呼吸をコントロールする際の体幹の動きをチェックしても良いでしょう。
逆腹筋で息を吐くテクニックをすでに習得している人はその確認を行うこともできます。
それでも5回に一度は呼気の確認を再度してみることをオススメ。


これは本当に呼吸の基礎を作るエクササイズです。
簡単ですが、とても効果的。ぜひお試しあれ (^^)

18世紀以前のフランス語の発音①

フランス声楽作品を学ぶ人にとって、発音は時に大きな壁になりますが、さらにこれが古楽となると、フランス語話者でも頭を抱えることがしばしばです。
でももしあなたが中世やルネサンスの声楽作品を勉強したいと思うなら、少なくとも現在フランスの古楽の世界で常識とされている発音の規則を少しだけ知っておくべきでしょう。

こちらはルネサンス声楽作品としてよく歌われる世俗歌曲です。

Une jeune fillette

Jehan Chardavoineが出版した1575年のシャンソン集に入っている一曲。
こういった古い出版物や手稿譜などはフランス国立図書館(BNF)のホームページから誰でも閲覧し印刷することが可能ですから、興味がある人は楽譜を見てみても良いかもしれません。
1575年のシャンソン集

さて、一番最初に乗せたリンクで音源を聞くと、フランス語を知っている人なら「これ本当にフランス語?」と思うところがいくつもあると思います。
たとえばこのシャンソンの最初の節は

Une jeune fillette
de noble coeur,
Plaisante et joliette
de grand' valeur,
Outre son gre on l'a rendu' nonnette
Cela point ne luy haicte
dont vit en grand' douleur.

古語フランスの単語を詳しく知りたい方はAmazon.frなど見るとAncien Francaisの辞書が売っていますから、買ってみてください。ひとまずここでは意味云々は飛ばして、発音のお話し。

正直なところ、タイムマシンが発明されない限りは、誰一人、18世紀以前のフランス語がどういう風に発音されていたか正確に知ることはできません。また、写本や当時の印刷物は綴りがはっきりしないこともままありますから、その辺も考古学的な問題になって、100%この単語はこういう意味でこういう発音!と言い切れないことも多々あります。
たとえばこの録音ではOutreをContreのように発音していますが、私がこの曲をCNSMの教授から教えてもらったとき、彼女はこれをそのままOutreと発音していました。

細かな違いはあるとはいえ、明らかに古楽を歌うフランス人が一致して行うことがいくつかあります。

一般的で有名なものをかなり大ざっぱに4つほど。

① 「,」や「.」の前のrやsなどの子音は、現代フランス語で発音しないものでも発音する。
② 「oi」ないし「oy」は、現代フランス語で〔wa〕と発音されますが、18世紀以前のものは〔we/ue〕と発音する。
③ 現代フランス語でリエゾンしないものも、リエゾンする。
④ 「r」はイタリア語のような巻き舌になる。

これは非常に大ざっぱですが、まずはこの4つを覚えておくと、初見でルネサンス曲を歌うときに恥をかかずにすみます。(笑)

18世紀以前、とざっくり書きましたが、もちろん時代時代によって微妙に違いはありますし、さらにその曲が当時歌われていたのが南フランスだったのか北フランスだったのかでも、かなり変わります。
こういった細かいことは、レパートリーごとに検証していけばよいですが、もらったばかりの楽譜で地域までよくわからないけど歌わなくちゃいけない、ということだってありますし、まずは曲にアプローチするときに、これら4つを意識しておくと便利です。

よく歌に出てくる単語で、たとえばBois(森)ですが、これは現代フランス語では〔bwɑ〕と発音するところ、古語なら〔bue〕になるわけです。
また、通常発音されない子音字(rが多い)が発音されることで、テクスト内の韻が新たに浮かび上がることもあって、音楽的にもこれが重要なことが結構あります。
逆に印刷されているけど発音しない子音もたくさんあるのですが、こちらはだいたい現代フランス語ではすでにつづることがなくなった文字のことが多いので(現代フランス語Douceの古語DoulceのLなど)、基本のフランス語ができればある程度察しがつきます。

古楽は演奏家によって歌唱のスタイルがかなり違うので、色々聴き比べてみると良いですし、現代的な発音で歌っているから必ずしも間違えかというと、それはそれで良い演奏ができているならアリじゃないかと私は思っています。
場合によっては古語フランス語の発音をすることで観客が違和感を感じて本来の音楽を楽しめなくなることもあるので、TPOに合わせて演奏しわけると良いでしょうが、少なくともフランス古楽をレパートリーにしているなら、古語の発音について多少の知識は持っているべきですね。

ちなみに近現代作品で古語をテクストにしている作品を歌う際に、発音を古語の発音にするかどうかは、私は個人的に現代フランス語の発音にした方が良いような気がしています。
ドビュッシーのフランソワ・ヴィヨンを15世紀の発音で歌ってみると、音楽と食い違った強い違和感を感じるはず。
作曲者がはっきり古フランス語の発音で歌われることを意識して書いていないものは、無理して古フランス語で歌う必要はないでしょう。

歌手のための筋トレ①

歌に使う筋肉は、いわゆるダイエット目的などでジムで鍛える筋力と微妙に違うものです。
柔軟性があって、いわゆるインナーマッスルが、お腹が引っ込む方向だけでなく突っ張る方向(お腹をぽこっと出す方向)にもよく働く身体が理想。
トレーニングといっても、一般的にイメージしやすい腹筋ではなく、少し違ったエクササイズが効果的だったりします。

個人差はあるにせよ、アジアの人々はやはり同じ身長でもヨーロッパの人より筋肉量が少ない人が多いと思うのですが、歌手にとって大事なブレス、吸える空気の量を増やすためには、この筋力が必須です。さらに歌っている間の身体の支えは発声に大きく関わるので、こちらも十分な筋肉でしっかりサポートしたいところ。

肺により多くの空気を導くには、単に横隔膜を上下するだけでなく、肋骨や背中、脇腹あたりの胴体全体の筋力で身体そのものを広げる必要があります。

こういった、胴体全体の筋力をUpするために、よくフランスの歌のレッスンで目撃する、先生がたオススメのエクササイズの一つが、実はこれ。



ヨガのプランク(板)のポーズです。
このポーズを深く一定感覚の呼吸を保ちながら最低でも1分はキープします。腕が痛くなっちゃったり、床が硬くて手が痛くなる場合は肘全体をつく形でもできますが、ポイントはお腹をしっかりとまっすぐに浮かせていること。
体幹の筋肉をヒシヒシと感じるかなりキツいポーズですが、これで鍛えられる筋力(腹側だけでばく脇腹や背中の筋肉も総合的に鍛えられます)が、歌を歌う時に大活躍します。



もうひとつ、板のポーズの変形版、サイド・プランクもオススメされる率が高いエクササイズ。
これははっきりと脇腹の強化です。

ブレスと声の支えを考えるとき、いわゆる前にお腹を出したり引っ込めたりする動きだけでは「足りない」のです。
特にもともと体格が小さい人は意識してこういった脇腹、背中といった周辺の筋肉を鍛えておきたいところ。

このサイド・プランクも、しっかりと呼吸をしながら、1分ずつ左右交互に行います。

ポイントは、ヨガのレッスンで言われるような薄くて細い身体をイメージするのではなく、とにかく歌を歌う時の身体をイメージして、逆に自分の身体が大きく広がって行くようなイメージを持ちながら行うことでしょうか。

私は大抵2日歌って1日休むスケジューリングで練習やコンサートを組んで行きますが、こういった筋トレは歌わない日でも欠かさず続けられますから、ポーズの継続時間を伸ばしたり、負荷をかけてみたり、ポーズ中の呼吸の意識に変化をつけたりしながら毎日やっています。

トレーニングという意識

フランス人はヨーロッパ内でもドイツなどと違って小柄な人が多い国。私自身は身長156センチ体重48キロ、フランスではこの体格は小柄な方ですが特にすごく小さいと言われるほど小さいわけでもなく、街をあるいていても私より背が低い人は結構いらっしゃいます。
フランス人は一般に食生活のクオリティにうるさくて、肥満に対する嫌悪感が強いことから痩せている人が多いですが、歌の世界でも、例えば私がお世話になっている先生方のうち半分ぐらいは私より背が低く小柄です。

でもこの小柄な先生方、一度歌い出すとびっくりするぐらい豊かなブレスで長大なメリスマを見事に歌いきるし、包み込まれるような豊かなクレッシェンドで高音を華やかに盛り上げたり、とにかく見かけからは想像がつかないほどの身体能力を見せつけてきます。もちろんブレスや音量は身体の大きさに比例するわけではないとはいえ、渡仏してすぐの頃は身体能力の圧倒的な差を感じることがよくありました。

一般的に西欧の歌手と比べれば小柄で華奢なことの多いアジアの歌手にとって、こうした小柄な西欧人歌手から学べるテクニックがたくさんあります。
私自身、こうした小柄な先生たちからレッスンを受けて、効果を実感してきました。フランスのボイストレーニングには、日本にはない身体に対する考え方があるような気がします。身体との向き合い方にちょっとした違いがあるような気がするのです。

ドイツなんかと比べれば圧倒的に体格が小さい人の数が多いフランス、移民も多く日頃さまざまな「身体」を持つ人たちを見て生活しています。そしてこの多彩な人々と同じ土俵で勝負するというのが当たり前な社会。学校の試験でも、音楽のコンクールでも、身長や髪の色や肌の色とは無関係に審査が行われます。つまり体格が小さい歌手は不利にならないように、なんとかしなければいけない。でも、生まれ持った身体を魔法のように作り変えることはできないので、小さい歌手たちはみんな、その身体をどうやって開拓していくか考えて、鍛えて行きます。
日常的に様々な身体を持つ人々に囲まれながら、自分の身体と向き合う彼らは、自分の持っている身体的特徴を客観的に把握し、最大限鍛えて、誰にも負けない声を作るんだ、というアグレッシブかつストイックな考え方で日々トレーニングしています。

もちろん日本でも歌を支える身体作りの意識はありますし、レッスンでブレスのためのエクササイズを行うことも多いですが、フランスほど強烈かつ執拗ではない気がします。日本にいれば、みんな小さい体で、アジア人の筋力で、ブレスは長いに越したことないけど、フランスにいる時のような圧倒的な体格差の中で戦うシーンがあまりないのではないでしょうか?そもそもレッスンの中で「ブレスを節約して」とか「声をコントロールして」といった方向で、小さいキャパシティでいかに巧みに歌うか、とうう方向でレッスンされることも多々あるような印象。ちなみにこの節約した歌い方はフランスでは全くうけません。

声や息を節約しなければいけないような難しく長いメリスマであっても、フランスでは、キャパシティを増やすためのトレーニング方法と、より豊かなブレスをするための身体の使い方をまず教えられます。これは完全に歌ではなく筋トレに近いエクササイズで、先生によって様々な方法があります。
その後に、今度はその長いメリスマ全体にしっかりと息を通すエクササイズ(shやzといった子音でメリスマを歌い切る練習など)をし、さらに母音発声が全て均一に歌声になるよう練習し、最終的には豊かな息でメリスマを歌い切れる身体可能域が手に入るまでトレーニングが繰り返されるのです。

すでにある身体でいかに良く歌うか、ではなく、表現したい音楽にあう身体になるまで訓練して身体能力を開拓していく、という姿勢。

この姿勢は基本的にフランスではどの先生でも変わらず持っています。
こうした方向性のトレーニングについて行くには、自分に対するストイックさと音楽や歌うことにたいする献身さ、そして何よりも学ぶ側の向上心が求められます。
持ってるキャパシティでいかに器用に歌うかを学ぶ方が、0から身体を鍛え直すよりずっと簡単ですから!
なので全ての人がフランス式のこういったレッスンを受けて同じ結果が得られるわけではないでしょう。でも、真剣に自分の身体と向き合って鍛え続けることができるタイプの人には、フランス式のアグレッシブなトレーニングはかなり効果的で、最終的にたどり着けるレベルもぐんと上がるでしょう。
トレーニングの結果としてバッチリ肋骨は広がり、腰回りはどっしりし、モードの観点から言えばどう見ても不格好になってしまう、という難点はありますが…(笑)

ブレスが足りない、と悩んでいる人がいたら、小手先の技術もいいかもしれないけれど、自分の身体の限界を広げるための努力をしてみることをお勧めします。それを続けられるだけの粘り強さと、目的意識があるなら、きっとうまく行くはず!

ブログはじめました

日本にいた頃、私はいったい何回Google先生に「フランス 古楽 声楽 レッスン」という検索ワードを打ち込んだことか。



あ、そんなでもなかったかも…2、3回?(笑)

というのも私は検索で日本語の情報がほとんど出てこないとわかって、すぐにフランス語での検索に切り替え、情報を得ていたから。とにかく、日本で、まだあまりフランス語が出来ないのだけどフランスの古楽作品を勉強したいなぁ~と考えている人がいても、何の情報も得られないまま諦めざるを得ないことが良くあるんじゃないかと思います。

そもそもフランス歌曲なども、東京など大都市なら良い先生と出会うチャンスはありますが、地方在住だと難しくなりますし、イタリア語やドイツ語に比べると声楽的にマイナー言語、とにかくフランス語というだけで勉強のチャンスはガクッと少なくなるというのが日本に住んでいた頃の私の実感です。

幸い私はフランス人の音楽家にいくばくかの知り合いがいたので、フランス人の古楽声楽を専門とする先生と出会ってレッスンを受けることができて、無事に渡仏して勉強を続けることもできています。こんな風に学びたいことを学べるなんて、私はとってもラッキーだな、と毎日考えているし、支えてくれているたくさんの人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。そして今度は、私が他の人にお返しができないかな、と。


今続けているフランス古楽声楽の勉強は、友人や家族の導きがあってこそ実現したことです。でももし、導いてくれる人たちがいなかったら?
昔の私のように、日本で「フランス 古楽 レッスン」をネットで検索する人に、今度は私が、少しでも役立つ情報、面白い小ネタ、実践的な勉強方法を伝えて行けたら、きっと、私も誰かの役に立つんじゃないかな、と思うのです。
もしかしたらこれをきっかけにフランス古楽の魅力を広めて行けるかもしれません。

古楽についてだけではなく、フランスにおける声楽レッスンの生の様子を伝えることも、とても意味があるような気がします。生徒として、教師として、そして時には伴奏者として、私は様々な場所で様々な歌のレッスンを見ていますが、フランスのレッスンは私が日本で受けてきたものと大きく違う点がいくつもあり、新しい声の可能性を探索する沢山の声楽仲間と共有して行きたい練習のアイディアがいっぱいあります。
自分が受けてきたレッスンだけではなく、レッスン伴奏者としての仕事のおかげで、本当に数多くの先生方のヴァリエーション豊かなレッスンを間近に見てきたので、私自身はいわばこれを良いとこ取りしているのですが、良いアイディアは広めて共有すべきですよね (^^)


そんなわけで、少しずつ、フランス古楽声楽の情報とレッスン内容を記事にして行きたいと思います。

Profil

辻絢子  (Ayako TSUJI)

Author:辻絢子 (Ayako TSUJI)
フランス在住のソプラノ・ピアニスト・クラヴィシテリウム奏者・音楽学者。パリ・ソルボンヌ大学中世音楽演奏マスター在籍。パリEnsemble Arquémie主催。
中世から現代に至る幅広い時代様式の演奏法と音楽理論を操る歌手、講師として国際的に活躍中。
15世紀以前の作品、とくにアルス・シュブティリオル様式の作品演奏と、13世紀ノートルダム楽派様式の即興演奏を得意とする。
古楽だけではなく現代作品にも関心が高く、日本で大学生&院生だったころは美学芸術学を専攻し音楽に限らずアートや映画、文学など幅広い分野を対象に20世紀以降の作品を研究。
パリでの演奏活動の他、2016年より「中世音楽センター」を立ち上げ、ヨーロッパの現役中世音楽専門家、演奏家と日本の生徒をつなぐ講習会やコンサートを企画している。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

Code QR

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。