スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声のスペクトル分析

古楽にしろそれ以外にしろ、歌をやっている限り自らの発声を磨くのは商売道具のメンテナンスみたいなもので必須かつ店じまいまで続けねばならない基本の仕事の一つ。
声楽は他の器楽と比べて発音源が身体の中ですから、どんなプロでも第三者の耳で楽器の鳴り具合などチェックしてもらう必要がある事も多々あります。もちろん私たち歌手は自分の声を客観的に聴くための訓練もしますが、「え!私の声ってこんな風に聴こえてるの?!」という皆さんも経験があるに違いないあのギャップはそう簡単に超えられるものではなく、プロでも常にそれを抱えています。
ナタリー・デゥセ(デセイ)やフィリップ・ジャルスキなどの有名な歌手達は既に素晴らしい発声技術を持っていますが、そんな彼らだっていつも優秀なヴォーカルコーチに発声レッスンを受け続けています。

どんな発声が理想の声か、というのは個人個人見解が分かれるでしょうし、実際日本とフランスでは求められる声質が違うことが多い気がします。フランス人の理想は上から下まで豊かな倍音をもった声で、よく磨かれた歌声はまさに楽器の楽音のような美しい倍音構造をもっています。
古楽を歌う場合は、アンサンブルの相手が古楽器であることが多く、これらのデリケートな楽器の音と美しく混ざり合う声が求められるので、音量はそれほど必要ないながら、楽器の音によく混じるような豊かな倍音をもった声質を探す必要があります。

私自身はジャスマン先生という最高の熟練ヴォーカルコーチについていますし、普段の練習ではピアノ伴奏の他はクラヴィシテリウムを伴奏に使ったり、リコーダーカルテットやヴィオラダガンバとのアンサンブルを組むことが多いので、そうした楽器類との音の調和を身体で覚えていきます。

でも、実際自分の声の倍音構造が目で見れたら便利。
体感で「今の声は上の倍音がひらききってなかったかな?」とか「この歌い方でいいのかな?」と疑問に思っても、忙しいジャスマン先生が毎回そばにいるわけではないし、かといってプロとして歌っている身ですから勘だけで進むことも出きません。単なる趣味なら次のレッスンまで待って先生に聞けるけど、私はそれでは遅い!ということが良くあります。もし声を目で見てチェックできたら、とりあえず自分で判断してより良い発声を選べますよね。

Oxford Wave Research Ltd.「SpectrumView」
https://appsto.re/jp/koelC.i

といわけで、iPhoneに、音を拾ってスペクトル分析をリアルタイムで表示してくれるアプリがありました。

もちろんiPhoneのマイクを使っての分析ですから限りもありますが、それでもかなり興味深い分析結果が見れ、私の予測通りに「間違った発声」で歌った声はその通り反映され、また「良い発声」も微細なコントロールで数種類の異なる発声法があることをきちんと反映してくれました。
このアプリは使えます。

私は常々音楽の勉強に、感情論や根性重視な体育会系の姿勢は無意味だと思っていましたので、使える技術はなんでも使って短時間で効率良く勉強するが勝ちです。iPhoneアプリが使えるならバンバン使うべき!


ひとまず幾つか写真をはります。
こちらは私の普段の発声、真ん中のドよる下のレを出発に最高音ドの一個上のレまで3オクターブを歌った図です。



一番下の線が私が歌ってる音高ですが、そこから上に幾重にも倍音の共鳴が出てるのが見えます。簡単に言うとこの倍音の配合が音色を決めている重要な要素で、人の声の場合、声帯で生まれた空気振動が咽喉、鼻やら顔やらといったあちこちの部分を通って共鳴を作り音色になって外にでているそう。楽器なら楽器特有の倍音構造があり、声の場合は個々人で身体が違いますからこれが一人一人で微妙に違ってきます。

私の場合、何も考えずデフォルト設定で歌うと(笑)先の写真のような形で、最低音を歌っている間は倍音が減りますが、中音域以降は4000hz手前あたりに"良く共鳴する"箇所があり、その上の7000hzあたりにも鳴っている箇所があるようですね。アプリで測れる音域は写真に写っている部分までなので、おそらくその上も調べることができたら更に上にもこうした倍音の帯があるでしょう。

他の歌手の方とリアルに比べていないのではっきりとは言えませんが、私の声は倍音がかなり豊かな方だと思います。実はこの倍音のおかげで、共鳴を操ってホーミーを出すことも出来たりします。


さて、基本の発声で豊かな倍音がでているのはわかりましたが、問題はこれをどう操るかです。
倍音を変えるのに、顔の筋肉や声のあてどころ、発音の位置などはとても重要な要素ですが(とくに発音の位置)、実はそれ以上に大きく響きを変えるのが腹筋など身体のどこで声を支えているのかでした。



この写真では左から順に4つの微妙に異なる筋肉で声を支えたときの発声の違いが示されています。すべて私が同じ音高でAの母音を歌っているところで音量もそれほど大きくは差がないよう歌ったものです。

一番左端はスピントというプッチーニなどのアリアを歌うときに私が使う最も強い身体の支えで声を支えています。これは強い肋骨周辺の筋肉で上半身を整え、下腹は所謂逆腹筋に近い腰から背中まで全体を広げるように張って発声を支える歌い方です。
私がもともと持っている共鳴の帯がよく強調されているのが見えますね。

左から二番目は私のデフォルト発声、下腹部の筋肉を使っているリラックスした発声です。スピントほど倍音の強調ははっきりでないものの、スピント発声で抑制されてた一部の倍音がきれいにでている他、高音の倍音も豊かに響いていそうな形です。肉体的にも体力消費はスピントよりずっと少なく、デフォルト設定としては悪くない発声でしょう。

三番目は腹筋上部の支えをメインに歌った図。倍音の帯がかなり均一に並んでいるのがわかるはずです。腹筋上部の支えは身体の緊張を招きやすい上、深いブレスとコネクトしずらいため長いフレーズを歌うには不向きですが、例えばチェンバロのように同じく倍音が均一に高い音まで並ぶ楽器とアンサンブルをする際にはこの発声だと声の混じりが格段に良くなるはずです。また、高い部分まできれいに倍音が出てるのでノンビブラートで歌えばまさに楽器の音のような声を作れるはず。コロラトゥーラのパッセージなどにはこの支えが最適かもしれません。

最後右端は、肋骨周辺の筋肉で支えた声です。これは身体の下側の意識をわざと切った状態になる上、肋骨周辺の筋肉は腹部と比べるとわずかなものですので(とはいえプロはこの筋肉をかなり鍛えてますからある程度支えられます)、歌える音量にもフレーズの長さにも限りがあります。声の質としては3番目に近く均一に倍音が並んでいますが、心持ちこちらの方が高い倍音が強調されているよう。4000hz手前の倍音の帯はやや薄められています。レッジェーロな表現や硬質で金属的な声の表現が欲しいときに使うと面白いでしょうが、ブレス面で難があるので使い道は限定されそうです。


これはあくまで私の声の場合の例ですから、他の方が仮に同じような筋肉の使い方をして同じような結果が出るとは限らないと思います。しかし声楽コーチとして生徒に教えてきた経験からも、歌声の決め手は顔など身体上部の技術以上に下腹部など声を支える胴体部分の筋肉の使い方の方だというのは、事実だと思います。

iPhoneのアプリで、これまでなんとなく体感で習得していた事が、とりあえず視覚的にも確認できるなんて、面白いですよね。
便利な時代に生まれたからには、いろんなツールを活用してますます芸に磨きをかけたいところです(^^)


オマケ


このアプリ、iTunesの音源も分析出来るのですが、いつも授業で一緒に歌うとやたらと声が混じり合ってしまう奇妙な体験をしていたラファエル・ピカゾス先生のソロ歌唱を分析にかけてみました。
先生とは中世即興その他でいつも一緒に歌っていますが、初日から歌った瞬間二人の声が妙にぴったり響き合うのでお互い嬉しいような気不味いような感じでした(笑)。
今回もしかしてと思い分析したところ!上の写真を持ていただくとわかる通り、彼の歌声も私と同じ4000hz手前と7000hzあたりに2箇所のはっきりとした帯があります。
もちろん録音からの分析なので実際の歌声と異なる部分もあるはずですが、それにしてもいつも教室で歌っていて「妙に合うな」と思っていたのは、勘違いでもなさそう。
さらにラファエル先生はもともとジャスマン門下ということで発声のコーチが私と同じなので、もしかしたらそれが原因かも?
他のジャスマン門下も調べてみたくなりました。
スポンサーサイト

中世音楽1500円講座

中世音楽を演奏する上で必須の知識を実践的に伝授。
1コマ90分一人1500円。
参加方法はいちばん下に記載しております。

★別日時の同じタイトルの授業内容は基本的に同じですが、記譜法の授業では写本を見ながら実際に歌うので、同じ授業を複数とる方は2回目以降演奏実技への具体的な指導を増やします。

―――――――
4/24(金)
13:00〜アルス・アンティカ即興
15:00〜アルス・ノヴァ記譜法(初級)
19:00〜アルス・ノヴァ記譜法(中級)

4/25(土)
13:00〜アルス・アンティカ即興
15:00〜アルス・ノヴァ記譜法(初級)
17:00〜アルス・ノヴァ記譜法(中級)
19:00〜イタリア式トレチェント記譜法

4/26(日)
13:00〜アルス・ノヴァ記譜法(初級)
15:00〜アルス・ノヴァ記譜法(中級)
17:00〜イタリア式トレチェント記譜法
―――――――

全講座、現代楽譜は一切使いません。

【アルス・アンティカ即興】ではノートルダム楽派の写本(モンペリエ写本ないしフロランス写本)を見ながら様式を勉強。
【アルス・ノヴァ記譜法(初級)】ではフランコ式記譜法の基礎を学び、カノニッチ写本の中から読みやすい作品を解読。
【アルス・ノヴァ記譜法(中級)】ではカノニッチ写本、ラス・ヒュルガス写本の中から読みやすい作品を解読、ムジカ・フィクタの規則について学びます。
【イタリア式トレチェント記譜法】ではロッシ写本を見ながらイタリア式記譜法の基礎を解説。

★アルス・ノヴァ記譜法(中級)ではこの時代の記譜法の基礎は解説しませんので、知識がない方は必ず初級と合わせて受講してください。


参加方法
各講座は3名以上の参加者が必要です。

①まずは人数と日程調整のため、以下の出欠票に参加したい日時を入力してください。
出欠確認票
3人以上の参加者が集まった日程から、講座開催決定といたします。
4月21日火曜日の夜までに3人以上の参加者が集まらなかった場合、そのコマは開催されません。

②開催場所は等々力の自宅を予定していますが、人数によっては等々力駅近辺の別会場に変更となる場合があります。
21日火曜日の段階で出席者の状況をみて決め、22日に皆様に会場住所詳細をお伝えいたします。
会場場所連絡のため、参加される方は連絡用メールアドレスを教えていただく必要があります。
このブログへの「コメント投稿」より、お名前(仮名可)とメールアドレスを必ずご入力いただき、一言参加の旨お伝えください。
コメント欄に記載されたメールアドレスは管理者の私以外には公表されません。
コメント内容を非公表にしたい方は、管理者のみ閲覧にチェックを入れてください。
講座内容についてのご質問ないしご希望等あれば、そちらもお気軽にご記入ください。

4月末から5月にかけて日本に立ち寄ります

突然ですが、4月20日から5月3日まで日本に滞在いたします。
今回は特に20日からの一週間あまり予定がありませんので、もしレッスンやレクチャーを希望する方がいらっしゃいましたら、ご連絡をください。ご希望にこたえられる可能性が高いかと思います。

中世記譜法ないしポリフォニー即興のレッスンは3人以上出席者がいないとできないので、そちらの希望がありましたら、一緒に受講される仲間を見つけていただくか、1人でも私にご連絡をくだされば、他の希望者がいればそちらと合わせて授業をご案内いたします。
今回は急な話しですので、レクチャー関連は希望者が3人以上まとまって日取りが決まれば、開催場所は世田谷区の自宅で対応いたします。
もちろん出張レクチャーを希望される方は都内、移動ができる範囲であれば行きます。(笑)

発声、古楽声楽、ソルフェージュないしフランス留学関連の相談などもあれば言っていただけましたら、今回の帰国中に対応いたします。

記譜法等のレクチャー、声楽等の個人レッスンについては基本一人1時間5000円(記譜法や即興で1時間以上の講座を希望されるようでしたら合計時間でもちろん割り引きます、決めてないですが3時間1万円とか)ですがケースバイケースで応じます。留学情報の交換等相談ごとのみであればレッスン代を取るほどのこともないと思いますし。

突然の帰国で、なんだか全然帰国する感じがしないのですが、久しぶりの和食と和菓子と温泉を楽しみたいと思います。(笑)

中世の記譜法の勉強について

ネットの普及により、現在では日本でも古楽の楽譜を探すのは昔に比べてはるかに簡単になりました。IMSLPなどを使えばクオリティは別としても古い作曲家の作品は現代楽譜にトランスクリプションしたものがダウンロードできたりしますし、Wikipediaなんかも上手に使うと写本の情報やネット上で見れる図書館のサイトのリンクを付けてくれていたりします。また、写本について少し詳しい方ならDIAMMのデータベースから欲しいマニュスクリプトを探すこともでき、場合によってはサイト内からイメージを閲覧することもできます。

ジョスカン・デ・プレなど15世紀後半、そして16世紀以降の作品であれば、記譜法は小節線がないだけで、読解面で今とそれほど差がないので、古い記譜法についての勉強をしていなくても、写本なりファクシミリなりと、トランスクリプトされた現代譜、そしてYoutubeなどを使い演奏音源もあれば、察しの良い人ならある程度読み進めていくことができるかもしれません。

でも、計量記譜法も、やはり何のレクチャーもなくいきなり読むと苦労するでしょうし、15世紀以前の記譜法は、やっぱり誰かに読み方を教えてもらわないと読めません。

日本では現在流通している♪や♩が書かれたモダンの記譜法以外の■や◆で書かれているものは、全てひっくるめて「ネウマ譜」と呼んだりしますが、フランスだとネウマといえばグレゴリオ聖歌に使われるサン・ガルの記号(✓やら~やらの、音高がはっきりとは示されていないミミズのような謎の記号群)のことを言います。
■や◆は、ざっくりという時は「四角記譜」のように言われます。
そしてこの四角い記号は、写本の属する時代様式によって読み方はさまざま。
ノートルダム楽派のものであればモード・リトミックの規則に従って読み下す必要がありますし、アルス・ノヴァのものであれば、シンコペーションを含むより複雑な音楽のために使われていた当時の規則に従って読んでいかなければなりません。あるいはイタリアのトレチェントであれば、記号の読み下し方は他の地域とは全く異なる規則に従って行われねばならないので勉強が必要です。
歴史上、同じような記号を使ってきたのに、その記号を取り巻く理論は時代や地域ごとに変化しているため、それぞれ正しく理解するためには各時代の記譜法の規則をそれぞれ知っている必要があるわけです。

少なくとも15世紀以前の作品を勉強したい人は、現代楽譜へのトランスクリプションで勉強してしまうと記譜法を変える中で失われてしまうエッセンスが大量にありますし、何より当時の音楽の様式をきちんと汲み取るには当時の記譜法の規則を知っていることがとても大事ですから、ぜひ古い記譜法の勉強をしておくべきでしょう。

でもどうやって?

恐らく日本国内でも古い記譜法の研究をしている方はいるでしょうが、たとえば13世紀あたりのアルス・アンティカの読譜に挑戦するには、複数の写本の比較など音楽学者として豊かな経験がないと難しかったりして、なかなかその時代だけを専門に教えてる先生に出会うのが難しいかもしれません。あるいは14世紀15世紀のものでもアルス・シュブティリオルなど特別に複雑な楽譜に手を出すと、ぱっと初見で読めてアドバイスをくれる教師に出会うのはとても大変かもしれません。

そんなときに大変便利なのが、教科書!

そう、古い記譜法についての教科書というのが、存在します。

古記譜法の教科書をAmazonでGet!

あいにく100%フランス語です。
もとは英語で書かれている本なはずですから、著者の名前から検索したら英語版がどこかにあるかと思います。
こちらの本、タイトル通りずばり900年から1600年までの西洋音楽の記譜法を紹介し、読み方の規則を解説している大著。
大型の本で、持ち歩くには適さないボリュームですが、豊富な譜例と細かな説明で、全て読んで理解すればほぼ全記譜法に対応できるようになります。
しいてケチをつけるなら、フランス人がいう所の「ネウマ」、つまり音高がはっきり固定されていない記譜に関する解説がやや薄いこと。

ネウマも読みたい。

そんな方には、もう一冊別の本があります。

ネウマも解説してくれる一冊をAmazonでGet!

こちらはお出かけにも持ち歩きやすいプチサイズ。記譜法の歴史を概観するのに丁度良いボリュームでネウマについての説明が割と丁寧なので読んでいて面白いかもしれません。ただ、全てフランス語です。それにネウマに関しては実際に歌ってどうなるのかが現代の記譜法で表しがたいこともあって、四角記譜ではなくネウマ主体でグレゴリオ聖歌を歌える教師に教わる以外の解決策はない気がします。

日本にどのくらい中世の音楽についての学びの機会があるのか私は生憎知らないのですが、とりあえず日本にいた頃、記譜法についてこんな風に解説している書物にはであったことがなかったので、日本語だけで情報を探そうとすると、古楽をやりたい人はちょっと難しいのかもしれません。

だけど記譜法を学ぶことは、演奏を学ぶことの基本。

趣味で音楽をはじめるとき、子どもの頃の最初のピアノのレッスンなど、誰でも、まずドレミの読み方を習います。
中世ないしはルネサンスの音楽をやるなら、まずは同じように楽譜の読み方を学ばなければならないはず。
もちろんモダン楽譜へのトランスクリプションでも演奏はできます。
でも、モダン譜しか知らない人の演奏は、聴けばすぐにそれがわかってしまうのも事実。
古楽は、西洋の音楽ではありますが、ジャズとクラシックが違うのと同じぐらい、違う音楽です。
さらには「古楽」の一言のなかに色々な時代の色々なスタイルがいっしょくたにされていますが、同じ中世でも12世紀と14世紀では全然違うスタイルですし、15世紀と16世紀は異なります。バロックまでいけばもっと違う音楽です(逆に今の音楽には近いかもしれないですが)。各時代のスタイルをきちんと学んで、それぞれの経験を糧にしながら新しい音楽表現ができる演奏家になりたいものですね。

夏のスタージュ集計とお知らせ

夏のスタージュについて企画を練っており、皆様にアンケートをお願いしておりましたが、ひとまず一度集計を出しました。

夏のスタージュ希望調書 太字は回答人数
―――――――――――――
フランス語歌唱発音矯正(時代問わず) 15 28.3%
フランス式発声・呼吸法(ヨガ風味) 10 18.9%
超初心者!古楽初体験だけど中世の音楽やってみたい! 21 39.6%
超初心者!古楽初体験だけどルネサンスやってみたい! 17 32.1%
超初心者!古楽初体験だけどバロックやってみたい! 12 22.6%
一般声楽(オペラからミュージカルまで何でも対応します) 3 5.7%
フランス式ソルフェージュ体験授業(フランス国内の一般的ソルフェ) 10 18.9%
コダーイ式ソルフェージュ体験授業(中世のソルミゼーションへの近道) 14 26.4%
中世ルネサンス演奏法(声楽であれば発声から表現まで、楽器も対応) 23 43.4%
フランスバロック作品講習(イネガル等声楽のモデルを使いつつ器楽にも対応) 14 26.4%
グレゴリオ聖歌歌唱法:サン・ガルのネウマ読譜解説付き 16 30.2%
中世ポリフォニー即興法:アルス・ノヴァ式即興歌唱法(モーダルリズム記譜解説付き) 20 37.7%
中世記譜法:ネウマから黒色四角記譜、モーダルリズムまで 17 32.1%
中世記譜法:アルスノヴァ以降の記譜法(マショー、デュファイ) 18 34%
中世記譜法:イタリア式記譜法(トレチェント) 19 35.8%
ルネサンス式即興法:旋律装飾の即興からポリフォニー即興まで 24 45.3%
ルネサンス記譜法:白色定量記譜、小節線や調号が多少変わってる初期バロック作品まで 15 28.3%
現代音楽についての楽しいお話し、解説と実演(みなさんが)。 7 13.2%
辻の人生よもやま話、お菓子を食べながら(私が)。 14 26.4%
―――――――――――――

というわけで、全体的に即興についてと、記譜法についてのスタージュが皆さんにとって魅力的なようです。
イタリア式記譜法に人気が集まったのはちょっとびっくり。メジャーなフランコニアン(アルスノヴァ)記譜法よりそっちなんですね。

さて、ここまでアンケートをとっておいてなんなのですが、実は現在パリでの仕事が順調すぎてとても忙しい辻。
特にこれから試験シーズンに突入なので、あちこちのコンセルヴァトワールで伴奏の仕事が舞い込んでおります。
コンサートはこれから夏まではソロで歌う予定があるのは2個ほどなので別に問題ないのですが、とにかくほぼ毎週何かしらの試験がありクラス全員の生徒を伴奏。
というわけで、遥か遠い日本で講習用の会場を抑えたり人集めをする余裕がない&別にそこまでして日本で活動しなくてもいいかぁ、フランスが活動のメインだしぃ、となっております。

すでに何らかの会やグループがあり私が帰国している間(7月20日から8月29日まで)で会場人集め両方をやってくださる方がいれば、講師として伺ってご希望の内容で教えますが、そうでなければこちらから会場手配等はしたくないので(フランスから日本国内のものをオーガナイズするのは大変すぎます)、私が100%企画したものに参加したいと思っていた方々には申し訳ないですが、今回はナシでございます。
逆に、上記の帰国中で、首都圏ないし札幌なら(交通費が出るなら別の地方でも伺いますが・・・)、最小3人からグループを作って会場を抑えてくださる方がいたら、講師で伺います(講師料1時間10000円~)。
また、留学を考えている、その他特別なレッスンの希望がある方は個別にご連絡ください。
個別レッスンについても1時間1万円一律です。

夏までばっちり仕事で忙しい辻、帰国はヴァカンスなので、不必要な仕事を増やすのはやめようという決断でございます。
ご理解いただけますと幸いです。

Profil

辻絢子  (Ayako TSUJI)

Author:辻絢子 (Ayako TSUJI)
フランス在住のソプラノ・ピアニスト・クラヴィシテリウム奏者・音楽学者。パリ・ソルボンヌ大学中世音楽演奏マスター在籍。パリEnsemble Arquémie主催。
中世から現代に至る幅広い時代様式の演奏法と音楽理論を操る歌手、講師として国際的に活躍中。
15世紀以前の作品、とくにアルス・シュブティリオル様式の作品演奏と、13世紀ノートルダム楽派様式の即興演奏を得意とする。
古楽だけではなく現代作品にも関心が高く、日本で大学生&院生だったころは美学芸術学を専攻し音楽に限らずアートや映画、文学など幅広い分野を対象に20世紀以降の作品を研究。
パリでの演奏活動の他、2016年より「中世音楽センター」を立ち上げ、ヨーロッパの現役中世音楽専門家、演奏家と日本の生徒をつなぐ講習会やコンサートを企画している。

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

Code QR

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。