スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アルス・ノヴァ 記譜法の基礎』と『アルス・ノヴァ 写本譜例集』を出版いたしました。

かねてより、日本語で古い記譜法を解説するガイドブックがないことを残念に思っておりました。
古い記譜法と一言に行っても、ネウマから白色記譜までありとあらゆるタイプの記譜法があります。
今回は、感覚的にもっと古い他のレパートリーと比べればまだ現代の音楽に近いけれど、コンテクストによって音価が変動する点で十分に中世の香りを放っている、アルス・ノヴァ中期後期の記譜法を選びました。
はじめて中世の記譜法に触れる人にとっては十分に刺激的な内容かと思います。

21ページの小さなガイドですが、この記譜法で書かれた作品(デュファイ、バンショ―あたりのポリフォニー作品)を読譜しようと思ったら、必要な基礎知識は出ています。

『アルス・ノヴァ 記譜法の基礎』
↓↓ご購入はこちら↓↓
DLmarketで購入
今すぐ購入する

さらに、このガイドでまとめられた記譜の規則が実際にどのように使われるのか、実際の写本を使って勉強できる
『アルス・ノヴァ 写本譜例集』
も同時に出版しています。
↓↓ご購入はこちら↓↓
DLmarketで購入
今すぐ購入する

この譜例集では、3写本4曲についてそれぞれ、実際の写本、当時の記譜法をゆがめずに各声部を縦にそろえたトランスクリプション・ディプロマティック、そして写本読譜初心者のためのモダン楽譜の3つが収められています。
トランスクリプションにはアルテラシオンなどわかりにくい箇所すべてにわかりやすい注意書きが付いており、実際の写本を見ながら譜読みすることができます。

【収録作品】
1. Guillaume de Machaut « Amour qui a le pouvoir / Faus samblant / Vidi Dominum »
2. Guillaume Dufay « Je prends congie de vous amours »
3. Guillaume Dufay « Bonjour bon mois bon an et bone estraire »
4. Gilles Binchois « Triste plaisir »


今後余裕があれば、他のスタイル(ネウマ、モードリトミック、ダジアン、トレチェントなど中世といっても多様な記譜法が存在します)もガイドにしたいと思いますが、シュブティリオルと初期アルス・ノヴァは例外事項などが多すぎて、ガイドにまとまらないかなーと思っているところ。

古い記譜法を勉強したいけど、日本語以外はちょっと苦しい、という方には便利かと思いますので、興味があればどうぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profil

辻絢子  (Ayako TSUJI)

Author:辻絢子 (Ayako TSUJI)
フランス在住のソプラノ・ピアニスト・クラヴィシテリウム奏者・音楽学者。パリ・ソルボンヌ大学中世音楽演奏マスター在籍。パリEnsemble Arquémie主催。
中世から現代に至る幅広い時代様式の演奏法と音楽理論を操る歌手、講師として国際的に活躍中。
15世紀以前の作品、とくにアルス・シュブティリオル様式の作品演奏と、13世紀ノートルダム楽派様式の即興演奏を得意とする。
古楽だけではなく現代作品にも関心が高く、日本で大学生&院生だったころは美学芸術学を専攻し音楽に限らずアートや映画、文学など幅広い分野を対象に20世紀以降の作品を研究。
パリでの演奏活動の他、2016年より「中世音楽センター」を立ち上げ、ヨーロッパの現役中世音楽専門家、演奏家と日本の生徒をつなぐ講習会やコンサートを企画している。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

Code QR

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。