スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年夏の中世音楽講座★スペシャル

年末がせまってまいりましたが、皆さん風邪など召されず元気にお過ごしでしょうか?
久しぶりのブログ更新になってしまいましたが、少し先の催し物のご案内です。

2017年8月東京にて、中世音楽センター主催の特別講座を開催いたします。

ブルゴーニュ楽派と後期中世の響き
~公爵たちが愛した15世紀の音楽~


2017年8月14日(月)~8月16日(水) 平日夜間講座〔18時からの2時間〕
2017年8月18日(金)から20日(日)  3日間連続週末特別講座

講師はフランスから初来日の
カリーヌ・モレトン(中世リコーダー、バグパイプ)
ブリス・ラモンダンク(中世ギター、古楽声楽)

そして私、通訳兼講師、辻絢子(クラヴィシテリウム、声楽)。

イベント詳細はこちらから

サイトにも記載しておりますが、参加希望の方はまずは無料のフォームにご記入をお願いいたします。
フォームのリンク

15世紀の音楽は、器楽、声楽と様々な組み合わせで楽しめる作品が多く、中世らしい完全5度を軸としたポリフォニーを学べる良質なレパートリーです。

例えばこんな作品たち。。。


平日夜間講座は、特にこの時代の作品を理解するのに必須のキーワード3つを選び、実演も交えながら解説。日頃みなさんから質問されることの多い「ピタゴラス音律」「ソルミゼーション」「ムジカ・フィクタ」を実践的にお伝えしていきます。
週末講座では、フランス語テクストの抑揚まで活かした器楽表現、アンサンブルの整え方、線のように流れる美しい音楽表現など、フランスで活躍中の講師たちが丁寧に教えて行きますので、ぜひふるってご参加を!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profil

辻絢子  (Ayako TSUJI)

Author:辻絢子 (Ayako TSUJI)
フランス在住のソプラノ・ピアニスト・クラヴィシテリウム奏者・音楽学者。パリ・ソルボンヌ大学中世音楽演奏マスター在籍。パリEnsemble Arquémie主催。
中世から現代に至る幅広い時代様式の演奏法と音楽理論を操る歌手、講師として国際的に活躍中。
15世紀以前の作品、とくにアルス・シュブティリオル様式の作品演奏と、13世紀ノートルダム楽派様式の即興演奏を得意とする。
古楽だけではなく現代作品にも関心が高く、日本で大学生&院生だったころは美学芸術学を専攻し音楽に限らずアートや映画、文学など幅広い分野を対象に20世紀以降の作品を研究。
パリでの演奏活動の他、2016年より「中世音楽センター」を立ち上げ、ヨーロッパの現役中世音楽専門家、演奏家と日本の生徒をつなぐ講習会やコンサートを企画している。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

Code QR

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。