スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年がはじまりました!

いよいよ2017年、皆様いかがお過ごしでしょうか?
昨年に引き続き、中世音楽センターでは引き続き

◆アルス・ノヴァを学ぶ定期配信の通信講座
◆8月東京にて開催の各種講座(フランス人講師2名)

が参加者募集を続けております。
通信講座は来月2月からはイタリア・トレチェントの記譜法の勉強に入ります。これは通常のアルス・ノヴァの記譜法とは異なるシステムなので基礎の基礎から解説していきます。
もし通信講座に途中参加したいと考えている方がいたら、2月からの後半参加がわかりやすいでしょう。

通信講座は今後、ノートルダム楽派の記譜法についての新講座が開講されます。
ノートルダム楽派のモード・リトミック読譜には日常的な写本読み下し練習が欠かせません。
ぜひお楽しみに!

8月の各種イベントは、1月末が第1次締め切りです
現在生徒を募集中なのは、
8月18日(金)から20日(日)の3日間連続週末特別講座
14日から16日までの平日開催3種類の夜間講座

個別のレッスン〔希望者リスト作成中、レッスン詳細は後日決定〕
です。

8月週末特別講座は楽器演奏や歌唱を楽しむ一般アマチュアの皆様、既に演奏家として活動されているプロの方などが対象で、15世紀のレパートリーをとにかく演奏する、ポリフォニーを極める、フランス語歌詞の表現を深める、というかなり実践的な内容です。1月末までのご予約を見て、講座内で扱う楽曲(ポリフォニー作品)をフランス人講師2名とともに決定していきます。
最終日には講師3名が演奏するコンサート付き。
ぜひお楽しみに!

平日夜間講座は講師らの実演も聴ける講義形式の授業で、3回の講座でアルス・ノヴァ作品理解に欠かせない知識を学んで行きます。演奏家以外の皆様にも気軽に参加いただける内容です。

詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください。
イベント詳細パンフレット

週末講座は限定30名、3日間の参加でお一人さま20000円。
まだ若干の残席がございます。

平日講座は残席にかなり余裕がございます。3回の講座すべてに参加で10000円。

ご関心ある方はまずは仮予約をお願いいたします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Profil

辻絢子  (Ayako TSUJI)

Author:辻絢子 (Ayako TSUJI)
フランス在住のソプラノ・ピアニスト・クラヴィシテリウム奏者・音楽学者。パリ・ソルボンヌ大学中世音楽演奏マスター在籍。パリEnsemble Arquémie主催。
中世から現代に至る幅広い時代様式の演奏法と音楽理論を操る歌手、講師として国際的に活躍中。
15世紀以前の作品、とくにアルス・シュブティリオル様式の作品演奏と、13世紀ノートルダム楽派様式の即興演奏を得意とする。
古楽だけではなく現代作品にも関心が高く、日本で大学生&院生だったころは美学芸術学を専攻し音楽に限らずアートや映画、文学など幅広い分野を対象に20世紀以降の作品を研究。
パリでの演奏活動の他、2016年より「中世音楽センター」を立ち上げ、ヨーロッパの現役中世音楽専門家、演奏家と日本の生徒をつなぐ講習会やコンサートを企画している。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

Code QR

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。